BLOG

ちょっとしたストレス発散

嫌な気分が続く時、何かパッと気が晴れるようなことはないか、と聞かれることがあります。

被災した、親しい人が亡くなった、などの大きなストレスではなく、日常の理由のはっきりしない気分の落ち込みの場合なのですが、私はまず近くのスーパーマーケットに行くことをお勧めします。

そして、スーパーの隅から隅まで歩いてみることをお勧めします。

普段スーパーに行っても、だいたい立ち寄る棚が決まっていたりします。そこを、普段は立ち寄らない棚も一つ一つ見て回るのです。

そして、ふと気になったものは何でも値段を気にせずに買ってみましょう。

それは「体の中から自分を満足させる」ことでもありますが、それだけにとどまらず、「自分の好き」「自分の」を選ぶトレーニングにもなります。

気分がふさぎ込んでいる時というのは、高確率で視野が狭くなっている可能性があります。本当はその状況の中でも恵まれている点、喜ぶべき点がたくさんあるはずなのに、それが見えなくなっている状態なのです。

ですから、その狭くなってしまっている視野を、一度無理やりにでも広げてあげる必要があります。そのための方法の1つが「スーパーマーケットを端から端まで見て回る」ということなのです。「あぁ、普段目に入ってこなかった食材がこんなにたくさんあるんだなぁ」と気づくことは、ひとり部屋の中で考え事をしていたときよりも世界が少し広がります。

そして、その中から好きなものを何でも選んでいいとしたら何を選ぶか、を考えることは、自己決定感を育てることになりますし、自分にとってのは何だろう、自分が今欲しているものは何だろう、と考えることは、自分を大切にすることにつながります。

私の場合、そういう時は果物コーナーを重点的に見るようにしています。果物は、私にとっては意識しないとなかなか足が向かないコーナーです。特に忙しい時、心に余裕がない時にはあまり行かないコーナーになってしまっています。ということは、逆に言えば私にとって果物は「豊かさの象徴」。普段はあまり食べない果物を買って食べることで心の余裕を取り戻すことができるのです。

そして家に帰って、最近買ったブレンダーを使ってジュースにします。テレビをつけることもなく、好きな音楽をかけてゆっくり手作りフルーツジュースを飲むと、心も体も喜んでいるのが感じられます。

本当に些細なストレス発散法ですが、ぜひお試しあれ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP