BLOG

台風通過に思うこと

10月12日に日本列島に上陸した台風19号は、各地で大きな被害が起きているとのこと。

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

この台風19号、「過去最強」「過去最大級」と言われ、大雨特別警報も一時13都県に出され、猛威を振るいました。

しかし、今回の台風は事前に警戒を繰り返し呼びかけられていたため、交通機関はあらかじめ計画運休を決定することもできましたし、多くの百貨店やスーパー、コンビニなども事前に閉店を知らせることができました。それぞれのご家庭でも今回は対策をしっかりした、という方も多いかと思います。

私は今回の台風を通じて2つのことを強く感じました。

まず一つ目は、ありきたりなのですが、自然の脅威というものです。台風というのは自然現象であり、人の力ではどうすることもできない地球の、いや宇宙の仕組みなのだなぁと人間の無力さのようなものを感じました。

そして二つ目は、一つ目に感じたことと矛盾するかもしれないのですが、人間の知識や知恵や技術は大したものだなぁということでした。台風が来るということが予測できるだけでなく、その規模や時期、被害の大きさまでこれまで蓄積されたデータを基にある程度予測できる、というのは本当にすごいことだと思いました。

それだけではありません。今回私の家では停電も断水も起きず、近くの川も氾濫せず、それは決して当たり前のことではなく、また、単に運が良かったということでもなく、たくさんの方の知識と技術と努力のおかげなのだとつくづく感じました。

台風直撃の前日はスーパーマーケットの食料品が品薄になってしまったりしましたが、翌日の今日にはもうすっかり元通りになっていて、日本の流通システムは本当に素晴らしいと思っています。

これらのことを、日頃はまったく意識せず、当たり前だと思って生きていたことが恥ずかしくなります。

自然の脅威の前では本当に謙虚な気持ちにさせられます。また、人類が積み重ねてきた知識と知恵と技術にも尊敬する気持ちがあふれてきます。

普段の生活の中では、もっと些細な、身の回りの雑事や人間関係などに不満を抱きがちですが、そんな小さなことではなく、もっと地球規模の、また人類の歴史的な大きなスパンで物事を考えてみた、そんな台風通過の夜でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP